雑感

 

読書会から 今年も多数の会員が通訳案内士の試験に挑戦した。

今年の問題は一般常識が難しく、中国語はどういう結果が出るか、分からない。

 

これから、このライセンスを持たない者もガイドをやり、報酬を得ることができると言う。

 

この試験の受験意義はだんだん薄くなる。

しかし、この試験は日本理解度を試す試験としての意義は多きい。

この試験に合格した人で、日本で活躍している人は多い。

分野は観光業界に限らない。

不動産、IT関係企業に採用され、日本駐在員になった会員もいる。

」さんは信義房屋の東京支店で、バリバリ働いている。

「呉」さんはIT企業の東京駐在員に抜擢された。

彼らが採用された原因は通訳案内士の資格を取ったからだそうだ。

通訳案内士資格は日本語及び日本理解度からの観点から評価されている。

この資格を持ったものは「語学の専門家」とみなされるのだ。

これは日本では常識だ。この資格を取った人は全ての業界から、歓迎される。

この資格保持者でガイドをしけいる人はほんの一部分なのだ。

 

「日本語翻訳及び日本理解力」の証明として、この試験に挑戦することをお勧めしたい。

あなたの未来が大きく開けるかもしれない。

japantourguide 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()