通訳ガイド試験(通訳案内士)試験について

 

通訳案内士試験は日本で唯一の通訳・ガイドの国家資格である。

試験は観光局の特別法人が行っている。

日本において、毎年数万人が受験する人気の高い資格試験である。

観光立国を目指し、2010年までに、外国人観光客1000万人計画を決定した日本国政府は2008年の国土交通省の外局として、観光庁を発足させた

観光事業充実の一環として、通訳ガイドを充実させることにした。

中でも経済成長が著しい中国からの観光客は急増すると考えられている。

中国から、旅行者に対応するには観光資源を充実するとともに、日本文化、芸術、風俗、習慣などをちゃんと理解し、中国語で説明できるガイドが必要である。観光立国を目指す日本としては、優秀なガイドの確保が急務となる。

観光庁が海外でも通訳案内士試験を行い優秀なガイドを確保することにした。

 

今後は日本を案内するガイドは通訳案内士資格が要求されるという。

 

日、台、中で飛躍のパスポート

通訳案内士試験は日本で唯一の通訳・ガイドの国家資格である。日本人はこの資格をとっても、ガイドになる人は少ない。

ほかの業界でも引く手あまたなので、ガイドにならなくてもいいのである。

語学力を生かして会社に就職するとか、通訳になるとかする人が多い。

この資格は語学力の証明であり、発展のチャンスは無限にある。誰もがあこがれる資格なのである。

この資格を獲得し、自己競争力を向上させることをお勧めしたい。

 

この資格試験は台湾でも挙行され、()           が九月の第一日曜日に挙行している。

 

トラさん読書会参加者の2008年成績は60名の会員中

 

合格    8名

三科目合格 22

2科目合格 11

1科目合格 11

である。

  去年2007年は18名の合格者をだした。今年8名しか合格できなかったのは中国語不合格者が12名に上ることが主な原因である。

 

来年は中国語を充実し、50名合格を目標とする。

 

高雄 日曜日)必勝コース第一期(10月7日~12月  )

台北 土曜日      第一期

終了した。

 

台北は1月3日から、第二期がスタート

高雄は2月4日から 第二期がスタートしている。

 

只今、新会員を募集中である。

また、4月から、新クラスを開設する。

また、

2月より、中国語(月曜日)

一般常識(水曜日)

歴史(木曜日)

時間は夜、7時より10時まで。

 

japantourguide 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()